« 米中パワーシェアリングとは | トップページ | 【毎日勉強、一生勉強】 »

【忙中閑あり】


Dscf1613


 市原市の南総地区から姉崎地区に移動するのに、牛久から房総横断道路で姉鴨線にでる途中で、前から気になっていた馬来田の湧き水「いっせんぼく」を見に行きました。
私は、長崎県の雲仙・島原に湧き水地帯を見に行くほどの湧き水ウォッチャー(そんな言葉はないと思いますが・・・)で、川の源流や湧き水を訪ねるのが趣味です。
「いっせんぼく」は、「ぼくぼくと水が数多く湧き出ている」ことから名づけられたそうです。
まわりは、千葉県には珍しい湿原となっていて、遊歩道も整備されています。
気分転換には、最高です。

|

« 米中パワーシェアリングとは | トップページ | 【毎日勉強、一生勉強】 »

Facebook 記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517592/58402138

この記事へのトラックバック一覧です: 【忙中閑あり】:

« 米中パワーシェアリングとは | トップページ | 【毎日勉強、一生勉強】 »