« 【9月19日(木) 活動報告】 | トップページ | 【忙中閑あり】 »

米中パワーシェアリングとは

 

前オーストラリア国防次官、オーストラリア国立大学教授ヒュー・ホワイト氏と意見交換の機会がありました。

 

ホワイト教授は、外交・安全保障戦略の専門家で、「経済的・軍事的大国となった中国は、大国としてのステイタスを求めている。アジア太平洋の安全保障は、米中のパワーバランスからパワーシェアリングに移行せざるを得ない。」との主張で注目されています。

 

私からは、「具体的に米中でシェアする対象は何か。」、「地政学的にオーストラリアとは、中国に対する立場が異なる日本は、米中のパワーシェアリングにおいて、どのような戦略を取りえるのか。」について質問し、意見交換をしました。

 

食事をしながら2時間にわたる議論は、大変有意義でした。

 

ホワイト教授の著作は、来年日本で出版されます。

White

 

|

« 【9月19日(木) 活動報告】 | トップページ | 【忙中閑あり】 »

Facebook 記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517592/58300357

この記事へのトラックバック一覧です: 米中パワーシェアリングとは:

« 【9月19日(木) 活動報告】 | トップページ | 【忙中閑あり】 »